brilliaマンションがセキュリティ面や生活面で安心できる理由

セキュリティ

積木

brilliaのマンションが採用したセキュリティの仕組みとして、四回のチェックというものがあります。それは、マンションに足を踏み入れてからそれぞれの部屋に入室するまでに四回のチェックを行なうというものです。
まず、一回目のチェックはエントランスで行なわれます。住居者の方はそれぞれのICカードを用いてドアのオートロックを解除します。一方、来訪者の方は操作盤で住居者を呼び出します。住居者がモニターで確認し、それぞれの部屋からドアを開けるというものです。二回目のチェックはエレベーターホールで行なわれます。住居者の方はそれぞれのICカードを用いてロックを解除します。来訪者の方は操作盤を用いて住居者を呼び出します。エントランスに設置されていた呼び出し用の操作盤がエレベーターホールにも設置されているのです。brilliaマンションならではの設備といえるでしょう。
三回目のチェックはエレベーターの中で行なわれます。住居者の方はそれぞれのICカードをかざしたあとでボタンを押すことで、目的の階へと移動できます。一方、来訪者の方は操作盤を利用し住居者を呼び出します。この時に注目すべき点があります。それは、呼び出した住居者が住んでいる階以外には止まらないようになっている点です。エレベーターホールだけでなくエレベーター内でもセキュリティチェックを用いる部分は、brilliaマンションの特筆すべき点でしょう。そして、最後である四回目のチェックは玄関前です。住居者の方は、ここで鍵を用いてロックを解除します。一方、来訪者の方はインターホンで住居者を呼び出します。ここでは、住居者がICカードとキーを所持していることが分かります。住居者に対してもセキュリティが厳重になっているというbrilliaマンションの特徴が見て取れます。
brilliaマンションの安全を保つ万全のセキュリティ設備は、住居者に多大な安心感をもたらすことでしょう。